ニュースレター

ニュースレター一覧

2022.01.10

インドネシア超初心者の雑記

 J2netジャパン・インドネシア渡航前会員第一号の熊谷美緒さんから現地レポートが届きました。

当初4月だった渡航予定が7月に延び、デルタ株の出現でさらに延期となる中、晴れて11月に飛び立ちました。

ジャカルタ郊外のチカランからZoomでジャパンの定例会や絵本グループのミーティングに参加しつつ、常夏の国を満喫しているようです。

見るもの全て驚きかな。私たちも同じでした。

1.はじめに

2020年冬、家族の帯同でインドネシアに行くことが決まり、「現地で有意義な時間を過ごしたい」、「どうせなら、少しは人の役に立つことをしてみたい」との思いでネットサーフィンに勤しんでいたところ、20216月にJ2netにたどり着きました。

J2netメンバーはインドネシア経験が超豊富な方ばかり。

渡航を前にしても、インドネシア語や文化を学んだこともなく、インドネシアって暑いんだろうな・・・くらいの浅ーい認識しかなく不安たっぷりの私に、メンバーの皆さんは本当にいろいろ教えてくださいました。

そのため、今回この原稿を書くことを提案(≒指示)された際、断ることは状況的に許されませんでした() 

国語も苦手で小学生のような感想文で恥ずかしい限りですが、精いっぱい書きます。

 

2.インドネシアに入国し、約1か月経った感想

①驚いたこと

・空港内にて

入国日のスカルノハッタ空港で、空港職員?の方々が、空港内到着ロビーの通路を、動く歩道の上も関係なく、セグウェイ・電動キックスケーター・自転車等で爆走していたこと。

・道路状況

想像以上に車間距離(前後も左右も)がないなか、車・バイクともかなりの速度で走ること。意外と信号が少なく、交差点で直進と右左折が入り混じるなか、各車の“阿吽の呼吸”のようなものを感じられるのには感動しました。

・気温が25度くらいだとインドネシアの方にとっては寒く、少し厚めの長袖を着ていること。(寒がりの私でも半袖で問題ない温度・湿度ですが。。。)

 

②胸が痛むこと

・交差点の信号待ちの車に、子どもがお金をもらいに走ること。

12/4のスメル山噴火で大きな被害が出ていること。

・現在雨季のため、毎日のようにどこかで洪水被害が起きていること。

 

③嬉しいこと

とにかく、インドネシアの方々が優しいこと。拙いインドネシア語で話しかけても、丁寧に対応してくださる方ばかりです。お店で店員さんを呼んでも気づいてもらえず困っていた時、近くにいた方が大きな声で代わりに店員さんを呼んでくれたこともありました。

3.終わりに

コロナの影響で結果的には約半年、渡航が遅れましたが、その間は日本でJ2netに参加できたので、この経験をインドネシアで生かしたいと考えています。

まだまだ知らないことばかりで、困っている方に対して何もできないのが非常に歯がゆいですが、今できることをまずはがんばります。

 

おまけ・・・ “インドネシアっぽい?”通りの写真

2021.12.07

翻訳絵本がインドネシアの子どもたちに届くまで:後編

ほどなく、絵本のお届け先がジャカルタの幼稚園 “TK Islam Yaskin” の子どもたちに決まりました。前述の ”TIM CERITA” とは既にご縁ができていた幼稚園です。

 ところが、いざ発送の段になった初夏あたりから、ジャカルタの感染状況が急激に深刻化していきます。テレビニュースから流れるジャカルタの様子を見ては、幼稚園の開園状況や、子どもたちや先生方の健康状態、郵便事情など心配は尽きませんでした。私たちは、もどかしい思いを抱えながらも、感染状況が落ちつくまで発送を見送ることにしました。
 そして9月。マザーズクラブのイベントから半年以上が経って、ようやく“TK Yaskin”の子どもたちに届けることができました!窓口となってくださったIndah先生から、「届いたばかり」と送られてきた第一報(段ボールだけの画像)からは、私たちの絵本を待っていてくださったのが伝わってきました。翌日には、先生方が子どもたちに読み聞かせをしている様子や、子どもたちが自ら本を読んでいる画像が送られてきました。表情を見ると、すっかりお話に引き込まれて集中しているようです。その数日後には、「子どもたちは毎日読んで楽しんでいます」とのご報告。ただただ素直に嬉しく、安堵と感謝の気持ちで心が温かくなりました。
 私たちの絵本寄贈プロジェクトは、たくさんの方のご協力で成り立っています。今回は、ジャカルタマザーズクラブの方々が1冊1冊仕上げ、心のこもったメッセージを添えてくださいました。ジャカルタの子どもたちが絵本やメッセージを読み、遠く離れた日本の、会ったこともない誰かに思いを馳せるとしたら・・・、広い世界を感じるきっかけとして、とても素敵なことだと思いませんか。翻訳絵本を送る活動にご関心お持ちの皆さま、いつでもご参加をお待ちしています。
170
リーチした人数
18
エンゲージメント数
9

2021.12.04

翻訳絵本がインドネシアの子どもたちに届くまで:前編

  2021年、新しい年が明けた頃、J2netともご縁の深いジャカルタマザーズクラブのメンバーの方から「絵本貼付けのオンラインイベントを実施したい」とのご相談をいただきました。「マザーズクラブではコロナ禍で突然一時帰国になった会員も多いため、会員同士を繋げ、また、インドネシアとの繋がりを感じられるようなイベントを企画したい」とのこと。さらに、「コロナ終息後、インドネシアの子どもたちとマザーズクラブ会員が繋がるきっかけにもなれば」と、将来のことまで思いを馳せられていたので、J2netとしても喜んでお受けし、イベントに「協力」の形で参加させていただくことになりました。

 事前準備を重ね、2月16日に30分間のオンラインイベントを開催、5名のマザーズ会員の方に参加いただきました。まずはJ2netの活動を簡単にご案内し、翻訳絵本の作り方を説明。また、小さいお子様と参加された方もいらっしゃったので、J2net人形劇グループ ”TIM CERITA” メンバーによる手遊びや歌のお楽しみタイムも設け、インドネシアへの思いをふくらませながら楽しい時間を過ごすことができました。
 イベント終了後、イベント参加以外の方からも絵本作成の協力があり、最終的には計18冊の翻訳絵本を作成・寄贈いただきました。
後編へ

2021.10.31

新型コロナ禍のインドネシア

CBRセンター、ディレクターのマラトモさんより、ソロ市のコロナ禍の様子と奨学金の子どもたちについて報告が来ました。

  この新型コロナ禍でインドネシアはPPKMという活動制限政策を適用しました。セミロックダウンのようなものです。PPKM(活動制限)は4つの段階/レベルに分類されています。インドネシアのある地域でのcovid-19(新型コロナ)の危機の評価の4つのレベルは、WHOの指標に基づいて以下のようになります。

レベル1(感染リスク低)

新型コロナウィルスの陽性感染者数が一週間で住民10万人当たり20人以下。入院患者数が住民10万人当たり5人以下、さらにその地域での死亡者数が住民10万人当たり一人以下。

レベル2(感染リスク中)

新型コロナウィルスの陽性感染者数が一週間で住民10万人当たり20人以上50人以下。入院患者数が一週間で住民10万人当たり5人以上10人以下。さらにその地域での死亡者数が10万人当たり2人以下。

レベル3(感染リスク高)

新型コロナウィルスの陽性感染者数が一週間で住民10万人当たり50人以上100人以下。入院患者数が一週間で住民10万人当たり10人以上30人以下。新型コロナウィルスが原因の死亡者数がその地域で10万人当たり2人以下。

レベル4(感染リスクきわめて高い

新型コロナウィルス陽性感染者数が一週間で住民10万人当たり150人以上。入院患者数が一週間で住民10万人当たり30人以上。死亡者数がその地域で住民10万人当たり5人以上。

 

この7月~8月にはソロの町もジャカルタもPPKM(活動制限)レベル4に指定されました。大変多くの新型コロナウィルスに関連する問題がありました。インドネシアの多くの外国人は、日本人やJ2ネットのメンバーを含めて母国に帰国しています。

 

新型コロナ禍のソロの町

ソロは2021年6月7月8月以降、PPKM(活動制限)がレベル4に指定されました。この9月は状況が良くなり、レベル3に引き下がりました。スラカルタ(ソロ)市政府情報局の公式ページデータによると、この2021年の半ばまで新型コロナウィルスの感染者は1万2千人以上確認されています。2021年3月以降、ソロ市政府はこのコロナ禍に対する対策を努め続けています。すべての集団の市民にワクチンを投与するのが一つの例です。データによると16万4千人以上のソロ市民がすでにワクチン接種を終えています。そのグループ/集団は

1)    医療従事者 

2)    60歳以上の高齢者

3)    エッセンシャルワーカー(公的事業勤務者、教師/大学教授、市場の商人)

4)    50~60歳の住民

5)    18歳以上の一般住民

 

ソロ市は現在まですべての住民にワクチンが渡るよう努力し続けています。多くのソロ市民は現在市政府からワクチン接種をするプロセス中です。そのうちには民間企業の従業員、18歳以上の若者、主婦、生産年齢のフリーランスで働く人々、学齢期の子どもたちも含まれます。

2021年6月7月8月のコロナ禍で、ソロ市はPPKM(活動制限)レベル4に適用されました。9月現在状況はやや良くなり、レベル3に下がりました。ソロは以下の状況です。

学校

幼稚園、小学校、中学校、高校の生徒たち、そして大学生もオンライン(バーチャル)インターネットの学習過程です。開いている学校はありません。学習のシステムはそれぞれの学校/大学の方針に任せられています。通常は高等教育や大学ではすべてオンライン授業、小学校や中学校では一部の教師が定期的に家を訪問する、近所でマックス3人まで集まり勉強する生徒、もしオンライン授業ができない場合には教師が課題を家へ与えに行きます。生徒は両親と一緒に家庭で勉強します。定期的に課題結果を受け取りに行きます。

障がいのある子どもたちは学校と療育がまだ閉鎖されています。多くの教師やセラピストは定期的に家庭に訪問しています。多くの時間を子どもは両親や他の家族のメンバーと共に勉強しています。

2021年9月半ば、ソロの状況はやや好転し、PPKM(活動制限)レベル3に引き下げになりました。いくつかの学校は対面授業の準備に取り掛かっています。

企業/職場、市場、ショッピングモール、食堂その他

PPKM(活動制限)レベル4ではCBRセンターを含むほぼすべての従業員はワークフロムホーム(在宅勤務)100%、ショッピングモール、市場、商店と他の販売所も閉鎖されました。基本的に必要な物を売っている店のみ営業しています。食堂は持ち帰りのみの営業です。現在PPKM(活動制限)はレベル3になり、一部の従業員は通勤可能、一部は在宅勤務です。市場、商店、ショッピングモールは客数を制限して営業しています。

礼拝所、観光娯楽施設、社会活動その他

PPKM(活動制限)レベル4ではすべての礼拝所、観光地は閉鎖、社会活動は厳しく制限されました。3人以上のミーティングは禁止です。今はレベル3になり、礼拝所と観光地は収容人数上限50%までに制限されています。結婚披露宴などの社会的儀式は招待客数を制限されています。ホテルやCBRセンターのような研修会場、ミーティング会場は人数を上限50%に制限されて稼働しています。

 

コロナ禍での奨学支援金

このパンデミックの影響はすべての社会に感じられます。健康面の影響ばかりか、経済的影響もあります。多くの社会人は職を失い、収入を得ることが困難です。大半の障がいのある子どもたちの家庭にとっても余裕がありません。彼らは現在生き残るために戦い、家族の生活を維持するために努力しています。奨学支援金は、このコロナ禍での障がいのある子どもたちにとって、パンデミックによる影響を受けた障がいのある子どもたちの家庭にとって、最適です。

 

J2との奨学金プログラムのSuara Kasih(直訳で愛情の声)は“SHARING FOR SELF HELP”もしくは”BERBAGI UNTUK MANDIRI”(自立のための分かち合い)に重点を置いたプログラムです。Suara kasihは障がいのある子どもたち又は特別な支援を必要としている子どもと家族を支援するためのプログラム、BERBAGI(分かち合い)に焦点を当てています。これまで障がいのある子どもたちと家族は、汚名、ネガティブな態度、差別的な行い、彼らの基本的な要望を満たすことへの物理的環境の障壁など依然として多くの障壁に直面しています。さらにコロナ禍で問題はより深刻です。

 

CBRセンターは昨年度(20202021)に実行された奨学金プログラムについて評価と観察をしました。来年度(2021年7月~2022年6月)のために、以前まではそれぞれの障がいのある子どもたちはミニマム15万ルピアの支援をしていました。このコロナ禍で子どもたちの持久力のためにビタミンと牛乳代、およびオンライン授業のインターネットへアクセスするための回線データ通信料を追加支援しました。一人当たり75,000ルピア/一か月です。そのため子ども一人当たり一か月でトータル225,000ルピアになります。CBRセンターとJ2ネットはこのSuara kasih プログラムの14人の子どもたちに教育支援を与えることに同意しました。

2021.10.29

8月23日のインドネシアKOMPAS新聞記事

"Puluhan Ribu Anak Kehilangan Orangtua!"

「何万人もの子どもがコロナで親を亡くしている‼︎
 緊急事態宣言も発令され仕事を失った人が多い中、親を亡くした孤児が増えているのではないかと心配しています。
ジャカルタのJ2メンバーがJ2netと20年のお付き合いのある、KDM(ストリートチルドレン保護育成施設)へ寄付品を届けた時、確認してくれました。
 現在施設に居る子ども達は60人くらい。
コロナで親を亡くした子ども達も受け入れるかという問いに、
「もし、警察などからの依頼があれば受け入れる。
インドネシアでは普通、祖父母、叔父叔母が面倒をみるが、それができない場合 施設に入る。」との事でした。
子ども達の調子が悪いと抗体検査をして、隔離もするそうです。
 学校も休校が続いていた状況下で家にじっとしているとも思えず、さらに問題が広がるのではないかと懸念しています。
ジャカルタ SOSインターナショナル病院のジョハン先生から、毎日感染者状況を頂いています。
5000人台まで下がった感染者数が、今日再び一万人を超えてしまいました。
日本も緊急事態宣言期間が延長されました。
1日も早い終息を願うばかりです。

2021.09.26

マルクの子ども達に絵本を寄贈しました!

全国のTaman BacaanのネットワークNGOである1001bukuファディラ氏の紹介で、マルク州セラム島東セラム県に本を寄贈する話が持ち上がったのは4月のことでした。1001buku自体も、マルク州僻地への本の郵送は費用がかかる上、不安要素も多くなかなか実現できずにいる中で、ファディラ氏から「現地で社会活動をしている知人のユナン氏がジャカルタを訪問する機会あり、手持ちで本を運んでもらえるチャンスがあるがどうか」との打診をいただきました。J2としても、比較的絵本が流通しているジャカルタでなく、本の入手が困難な僻地への寄贈は有意義で是非やってみたいという話になり、急ぎ手続きをし20冊強の本をジャカルタの1001buku気付で発送しました。

現地までは、州都アンボンからセラム島東部の都市bulaまで船で一昼夜あるいは陸路車で16時間。そこからさらに車で4時間の道のりだそうです(google map でチェック!想像以上に遠いですし、僻地過ぎて詳細が出てきません・・・)。今回送った本は、Rumah Baca Kianlau、Lentera Walang Baca Gaur、RPQの3施設にユナン氏が手渡し下さり、無事子どもたちに届けられました。
絵本を手にとり真剣なまなざしで本を読む子どもたちの姿、愛おしいですね。今回は1001bukuの機転と尽力により、絵本を手にする機会が少ない遠隔地の子どもたちへの寄贈が実現できたことは、私たちにとっても嬉しいことであり、また良い経験になったと思います。課題は多くあり考えるべきことも多々ありますが、J2メンバーの知恵や行動力を結集し、またJ2ジャカルタや現地NGOと協力しながら、できる範囲内でまた新しいことにチャレンジしていけたらいいなあと思っています。一人でも多くの子どもたちの笑顔に会えるように!

2021.09.18

医療基金のご報告

 KDMを通じて、重い障害のあるKenzi君に医療基金として支援を送りました。今後も支援が必要な状況です。来月、募金お願いのご案内を考えています。詳細は以下の通りです。

 

現在11ヶ月のKenzi君は、MulyadiさんとImaさんの末っ子です。Kenzi君の兄は11歳で、祖母と一緒に母親の故郷に住み、勉強しています。Kenzi君は両親と、北ジャカルタのプルイトダラム地区にある1寝室の賃貸住宅に住んでいます。Mulyadiさんは、北ジャカルタにある地区で清掃夫として働いています。一方、Imaさんは主婦です。

Kenzi君が生後6ヶ月の時に医師が小頭症の存在を診断し、つまり、頭の大きさが平均年齢と性別より2標準偏差未満の状態です。Kenzi君はまた、難治性てんかんを患っており、1分くらいの間隔で1日あたり1530回のひきつけが起きています。これらのひきつけを減らすために、Kenzi君はケトジェニックダイエット用のミルクを摂取することを勧められています。

Kenzi君は1か月で15缶のケトカルのミルクを必要とし、1缶あたりの価格は360,000ルピア〜375,000ルピアです。つまり、Kenzi君のミルクの費用は月額500600万ルピアです。ジャカルタ首都特別州の労働者の最低賃金基準でのMulyadiさんの収入はKenzi君の毎月の必要なミルクを満たすことができません。(KDMの資料より。翻訳:Duvi)

2021.07.29

ジャカルタから~現在の状況

《ジャカルタから~現在の状況》

インドネシアのコロナ感染が増加し街はロックダウンしています。

J2net 関連団体に状況を聞きました。
今回はKDM(ストリートチルドレン保護育成施設)の報告です。
子どもたちのためのワクチンプログラムにより、KDMの子どもたちもワクチン接種を受けた様です。
施設の方に状況を伺いましたところ、
今まで寄付の支援をしていたプロテクト教会の外国人の方や、企業・団体の多くの人が帰国していたり活動を休止しているので、支援を受ける事が難しくなっているとのことでした。
何が必要か尋ねると、倉庫のお米の備蓄が少なくなっている様子です。
KDMでは、1日に60人分20kgのお米が必要だそうです。
J2netから、取り急ぎ3ヶ月以上は保つだけの寄付を送りました。
KDMからは5ヶ月はもちます!と喜んでいただきました。
将来ある子どもたちには、こんな事で負けずにスクスクと育って行って欲しいです❣️
ガンバレ‼️
日本からも応援してるよ〜📣‼️

2021.06.30

タリアシの様子

 タリアシの様子

 

Tali Asihは、後一年となった中学生の奨学金を一年継続する事になります。

小学生は学校が再開される日を待っている状態ですが、子どもたちが飽きて来てしまっている様です。

全ての子どもたちがオンラインを受けられるわけでもないみたいです。

 

代表のエティさんはコロナ感染をしましたが、コロナは一度治って、素晴らしいと賞をもらったらしいです。

ある村では病院から感染したらしく、家族にうつり21人のクラスターが出てしまって、警戒しているそうです。

地域行政から依頼され、隔離棟の設置プロジェクトを任されて大変忙しいとの事でした。

カレンダー

«12月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フィード

検索

ページの先頭へ