ブログ

ブログ一覧

2019.11.04

J2net奨学金プログラム勉強会を開催します

【J2net奨学金プログラム勉強会を開催します】

奨学金プログラムのジャカルタチームは
ジャカルタの学校の現状や奨学金の活動を紹介する勉強会を開催します。

もう3回目の開催となった今回の勉強会では
インドネシアの学校の現状と支援している農村地域の教育の現状や問題を活動するメンバーが見たこと活動してきたことを中心にお伝えさせていただきます。

実際に活動しているメンバーからのリアルな話や声が聴けるなかなかない機会です。

インドネシアの学校について興味がある方、
J2netやボランティア活動に興味がある方など
少しでもご興味があれば、
ぜひお気軽にご参加ください。

 
=======

◆日時:11月20日(水)9:30-11:30

◆場所:Savior of Pakubuwono
https://goo.gl/maps/8ct2xhd3Mb6ntTSA7

◆参加費:Rp.50,000(ドリンク込み)

◆お申込み:こちらのフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/6tvWH5EMAj7zc5NCA

◆お問合せ:j2net.scholarship.jkt@gmail.com 

2019.10.13

ジャカルタでボランティア活動しませんか?

 〈J2net Jakarta 〉

ジャカルタでボランティア活動しませんか?
参加するきっかけはいろいろ。

Yさんの体験記

...

国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN」で、たまたま立ち寄ったブースでもらったチラシがJ2ネットとの出会いでした。
その後、偶然ジャカルタ駐在が決まり、チラシを片手に上陸しました。

しかし、自分で言い訳を作りながら尻込みすること1年半。
語学学校があるから忙しいし・・・
同じ曜日には出られないし・・・
車がないから遠出はできないし・・・
一時帰国が多いから仕事を任されたくないし・・・

そんな後ろ向きの背中を押してくれたのは移動図書に参加しているお友達。
「いつでもいいよ、一度おいでよ。」
一度・・・行ってみた。
誰も「次はいつ来れるの?」と聞かなかったけれど、私の横に座って一人で絵本を見ていた女の子にまた会いたい、車が見えなくなるまで手を振ってくれた男の子に会いたい、インドネシア語は分からないけど「これは何?」と本を指差しながら尋ねてくれた女の子に返事がしてあげたい、
「もう一度、行ってみたい」と思うことができました。

『次』の参加日を決めるのは自分。
忙しいときはちょっとだけ、時間があるときはどっぷりと、自分の生活スタイルに合わせて、興味のある分野に参加するだけ。
なぜ、もっと早く扉を叩かなかったんだろう、と悔やまれます。

J2ネットジャカルタは誰がいつ参加しても大歓迎。長く参加している人も、初めて参加する人も区別なく、居場所を作ってくれるところ。
日本に帰国しても、J2ネットジャパンで活動継続することができます。
あなたも一度、来てみませんか?お待ちしています。

2019.10.04

ジャパン絵本翻訳グループより

 〈 J2net ジャパン・絵本翻訳グループより〉

今度新しく、gado gado(絵本翻訳グループ)から
絵本を寄贈することになった
北ジャカルタのTBA Cerahからお便りが届きました。

8月にgado gadoメンバーが
現地で直接贈呈してきた絵本を、
子どもたちが手にとり読んでくれているのを見て、
とても感激しました!

何度も繰り返し読んでくれているとのこと、
本当に嬉しいですね。
子どもたちにもっと喜んでもらえるよう、
これからもたくさん良い本を送っていきたいです。

PS. こちらのプログラムの詳細は後日、ニュースレターを通してご報告させていただきますね!

************

Keseruan dan kegembiraan terpancar dari anak anak taman baca TBM Cerah kp bedeng Rorotan Cilincing Jakarta Utara, saat mereka membaca buku dan bercerita buku baru donasi dari temen teman J2net (Jakarta Japan network). Semoga dengan bertambahnya koleksi buku di taman baca TBA cerah semakin menambah semangat buat anak anak untuk gemar membaca.

2019.10.01

工作隊おにぎり

<J2net じゃかるた活動報告>
工作隊おにぎり🍙 

8月の工作隊、ジャカルタ郊外のビンタロにあるアニ先生のお宅をお借りして、近隣の子どもたちと工作を楽しみました!
アニ先生は日本在住経験もあり、日本語がとてもお上手。(以前、ジャカルタ日本人学校でインドネシア文化を教えていた経験もお持ちです。)...
そして、今回はJ2netの活動に興味があるとコンタクトしてきてくださったインドネシアの方(日本の企業に長くお勤め)が、少ないメンバーの心強い助っ人として加わってくださいました!

今回も私たちの到着を門の前で「こんにちは〜!」と出迎えてくださったアニ先生。そして家の中では既に沢山の子どもたちが今日は何を作るんだろうと目をキラキラさせてながら待ってくれていました

メンバーの自己紹介を終え、1つ目は牛乳パックとストロー、タコ糸を使って「糸で登る人形」作り。
思いの外苦戦しましたが、みんなメンバーが作る手もとをじっと見つめながら試行錯誤。真剣な眼差しから完成した時に見せる嬉しそうな表情が本当になんとも言えません!思わずこちらまで笑顔😄

2つ目は使わなくなったCDとビー玉を使って「コマ」作り。
コマ自体はCDにビー玉を貼り付けるだけの簡単なものですが、その上に置く紙にペンやクレヨンで模様を描いていく作業にみんな夢中!
思うままカラフルに色を塗っていく子、見本を参考に綺麗に線を引いて仕上げていく子、みんなそれぞれだけど、みんな一生懸命。
自分たちが描いた模様、コマに乗せて回すとどんな風に見えるかな?

そして最後に、子どもたちが少しでもインドネシア、そして世界で深刻化するゴミ問題に目を向けるきっかけになってくれたらという思いから、「路上にゴミをポイ捨てしないでね」というメッセージを込めた短いムービーを見てもらいました。これまたみんな真剣な表情。心に届いてくれたかな。。。

今回は子どもたちが以前の訪問で作ったけん玉やヨーヨーを日本語で覚えてくれていたことにも感動!!!
そして、「ありがとう!また来てね!」と言ってくれる子どもたち。
また私たちもみんなからパワーをもらいにくるね!

Terima kasih🤗 

2019.09.14

J2net奨学金プログラム~奨学生の夢

 奨学金プログラムでは

プンチャックエリアの2校の小学校へ支援を行っています。...

奨学生の女の子に将来の夢を聞いてみました。

---------------------------------

《ナイジュアさん 6年生》※写真左
算数が大好き。最近踊りを初めてたくさんのことに挑戦中。
将来は先生になるのが夢。

《フォリアさん 5年生》※写真右
算数と読書が大好き。将来の夢はCAさん。
-----------------------------------
2人とも少し恥ずかしそうに、将来の夢を教えてくれました。
明るくひたむきに学校生活を送っている子どもたちですが、奨学金が断たれてしまったら学校に通うことが難しくなり、
将来の夢も絶たれてしまうかもしれません。

特に6年生は中学校に進学できるかどうかの
問題にも直面します。


子どもたちの夢を叶えるために、
一人でも多くの子どもたちが学校に通えるように支援者の皆さんからのご寄付を子どもたちに届け続けていきたいと思っています。 
---------------------------------
◆お問い合わせ
J2ネットじゃかるたでの奨学金プログラムに
ご興味、ご関心、または質問などございましたらこちらまでお問い合わせください。


j2net.scholarship.jkt@gmail.com

2019.09.05

J2netジャパンよりお願い

〈J2net ジャパン より お願い 〉

今年も東京お台場にて 『グローバルフェスタジャパン2019』に出展します!

そこで、皆様にお願いがあります。

ご家庭で眠っているインドネシア製品がありましたら、ご寄付いただけませんか?

フェアトレードブースで販売するインドネシア製品は特に人気が高く、
たくさんのご来場者様に喜んでいただいています。
そこで、バティックカイン、イカット、アタ製品など、
ご不要のインドネシア製品がおありでしたら、
お譲りください。

売上金は大切にインドネシアの子ども達への奨学金、読書活動費に使わせていただき、
後日ご報告させていただきます。

ご寄附いただける方は お問い合わせ より、ご連絡ください。

送料ご負担の上、
J2netメンバー宅へお送りいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

〝GLOBAL FESTA JAPAN 2019〟
9月28日(土)29日(日)10:00〜17:00
お台場センタープロムナード 19番ブース にて

また、以下の時間帯にJ2net報告会等実施します。
是非、ご来場くださいませ。
28日(土)
12:30〜13:30 活動報告会
13:15〜 14:15 インドネシア語絵本ワークショップ

2019.08.25

ティムチュリタ ヌルアバディ 公演

 <J2net じゃかるた活動報告>

ティムチュリタ ヌルアバディ公演
Tim Cerita: Pertunjukan sandiwara boneka di Nur Abadi

ジャカルタ郊外にある聴覚および知的障がい者の学校ヌルアバディで公演しました。先週のボゴール公演に続き、同じ演目です。聴覚障がいのある子どもたちのために、先生が手話通訳をしてくださいました。

...

ティムメンバーの到着を見ると同時に子どもたちも会場に集まってきて、開始予定時間前から子どもたちのワクワク感が伝わってきます。私たちも手早く準備をして、人形劇を始めました。

この施設にはティムチュリタとして何度も訪問していることもあり、子どもたちと顔なじみのメンバーも。成長した子どもたちとの再会は嬉しいものです。

ヌルアバディの子どもたち、今日もたくさんの笑顔を見せてくれました。ありがとう、また遊びに来るね!

2019.07.04

工作隊おにぎり KDMでシャボン玉と水遊び!

 <J2net じゃかるた活動報告>

工作隊おにぎり KDMでシャボン玉と水遊び!

工作隊おにぎり、5月の活動は元ストリートチルドレンの施設KDMにて。今回は特別企画で、普段行う工作ではなく、シャボン玉と水遊びをしました。

...

まず、台所洗剤と洗濯糊と砂糖をたらいに入れて混ぜ合わせ、シャボン液を調合。そして、ハンガーをまげてタコ糸を巻き付け、大きなシャボン玉ができる枠を作りました。

準備ができたらさあ開始です。
あっという間に、みんなが作る、大きな小さなシャボン玉がたっくさん!
ふわふわ~っと舞い上がるシャボン玉、その平和な感じが素敵です。
ひとしきりそんな幸せな時間を楽しんだあとは、いよいよ水遊び!
これがまたもう、想像以上に激しい水遊び、というか水の戦いとなりました。
水鉄砲では事足りずに、ペットボトルで水を掛け合い始めたと思ったら、たらいやバケツの水もザブーンと掛け合い、大人も子どもも全身ずぶぬれです。
でもみんなとーっても楽しそう。笑顔がはじけていました。

たまにはこういう企画もいいね!とおにぎりメンバーも笑ってKDMを後にしました。
KDMの皆さん、ビショビショにしちゃってごめんね~、そしてありがとう!

2019.06.04

東京・インドネシア料理教室

 《東京活動報告》

目黒ラストのインドネシア料理教室 🍴

〝日本で私達にできること〟として
2013年に始めたお料理教室も20回を数え、...
今ではご参加希望者様が絶えない会に成長し、
大変嬉しく思っております。

残念ですが、今回で今まで会場としていた
目黒パーティルームの使用ができなくなり、
ここで一度活動を見直させていただくことにしました。

これまでの収益金で、
数人のインドネシアの子ども達が6年間学校に通い、卒業しました。

また、J2netの周知活動にも貢献でき、
グローバルフェスタ等のイベントへも
たくさんのゲスト様が足を運んでくださいました。
フェアトレードにもたくさんご協力いただき、
今ではゲスト様のお店にエプロンを置いていただいています。
会員になってくださった方、
イベントでボランティアをしてくださる方、
インドネシアに関わる情報をくださる方・・・

インドネシア料理を通してできた真心の輪に
感激しています。
本当にありがとうございます ❤️

少々お休みさせていただきますが、
再開の折にはまたよろしくお願いいたします。

お写真は目黒ラスト
ゲスト様から差し入れもいただき、
メンバーも一緒に和やかな時間を過ごさせていただきました 😊

Terima kasih banyak ❤️
Sampai jumpa lagi 🖐

2019.06.04

ティムチュリタ BKB 公演

 <J2netじゃかるた活動報告>

ティムチュリタ BKB 公演

ジャカルタ郊外の住宅地にある、BKB 幼児教室での公演。
エネルギッシュな女性たちが運営するその教室は、一般のお宅の前というか間のスペースに作られた場所。...
ここに、ユニフォームの体操着を着たかわいい子どもたちがたくさん。み~んな元気いっぱい!そしてこの日は、人形劇の話を聞いてか、お母さんたちも多数集まっていました。

人形劇が始まると、子どもも大人も真剣な眼差し。もちろん熱気ムンムン。「カラスのお父さん」「はらぺこあおむし」などの人形劇の演目の合間に、みんなで踊ったり、「まんまるちゃん」の形当てクイズで遊んだり。最後は全員で輪になって「スナムペンギン」の踊りで大いに盛り上がりました。

子どもたちはもちろんのこと、先生方のノリの良いことと言ったら!
公演後は集合写真の嵐?!に戸惑いつつも、一緒に写真撮ってと言ってくれるみんなの笑顔がなんとも嬉しい限り。
私たちメンバーも、また来るね~と言って笑顔でBKBを後にしました。

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

フィード

検索

ページの先頭へ