ブログ

月別アーカイブ

2020.01.16

<J2net じゃかるた活動報告> 学生んの受け入れ~その2

 <J2net じゃかるた活動報告>

学生さんの受け入れ~その2

団体様のインドネシア訪問アテンドをさせていただきました。
教授とゼミ生16名。総勢17名のインドネシア海外研修の中の一日で、「インドネシアの子ども達と直接触れ合い交流して過ごしたい」とお問い合わせがありました。J2netの人形劇チームTim Ceritaと、工作隊おにぎりとのコラボレーションを!というご要望でしたので、インドネシア入りされる前から打合せをしつつ、準備を重ねました。

...

訪問先一つ目のSekolah Luminare Domusはゴミ溜め場のような場所にある学校。学校といっても私塾のようなもので、家庭環境や経済状況により、公立学校に通うことができない(政府からの支援から漏れてしまう)子ども達を集めて授業を行っています。

トップバッターは、人形劇Tim Cerita。Luminare Domusの子ども達も、J2netメンバーの子ども達も、そして今日は大学生たちも一緒になって公演を楽しみました。コラボ企画で学生の皆さんが練習してきてくれたインドネシアの童謡『Potong bebek angsa』 を披露してくれました。Luminare Domusの子ども達も知っている歌で一緒に熱唱してくれました。

お次は、学生さんが司会進行して行われる工作隊おにぎり。トイレットペーパー芯ロケットと牛乳パック竹とんぼの二つを作ります。最後は恒例の“一列に並んで、誰が一番遠くまで飛ばせるか”を競争しました。
子ども達からも、学生のみなさんからも「わー!」と歓声のあがる瞬間です!

最後に、日本の歌を披露しました。事前に「歌うよ」って伝えていたら、Luminare Domusの子ども達が一緒に日本語で歌ってくれて感動。歌や工作を通しての交流で心が通い合って、笑いあり涙ありのとても感動した時間を過ごすことが出来ました。

その後、J2netメンバーと学生さんたちとの駆け足でのランチ交流会を経て、二つ目の交流先KDM(Kampas Diakonia Modern)へ。ストリートチルドレンの保護施設です。

到着早々、工作開始!午前中と同じ工作で手慣れていた事もあり、順調に作品は完成。子ども達の中には材料を工夫して、より遠くに飛ぶロケットづくりにチャレンジしたりと想像力を駆使した作品も並びました。恒例の一番遠くへの飛ばす競争も盛り上がりました。そして、日本から準備してきてもらったシャボン玉で遊んで、最後に学生さんたちが日本語で『世界は一つ』の歌を歌ったら、あっという間に終了時間に。子ども達のキラキラした笑顔のプレゼントに大満足な時間となりました。

活動後、KDMの施設内を案内してもらいました。幼稚園~高校の年齢の子ども達がそれぞれ学べる教室、コンピュータールーム、寮、キッチン、集会場、保健室、会議室があり、施設の各所にはゴミ箱が設置され、細かく分別出来るようになっています。

インドネシアには路上で生活しているストリートチルドレンと呼ばれる子ども達がまだまだ沢山います。ストリートチルドレンに小銭を渡したら、彼らはその日の空腹を満たすことは出来ます。ですが、安易に小銭がもらえることを知ってしまったら彼らは汗水流して働く道には進もうとはしません。安定した職にもつけず、犯罪者や麻薬常習者となる可能性もあります。KDMでは彼らを保護し、共同生活を送りながら必要な教育、そして二度と道に戻らないように自立を促す機会を与えています。

貧困と発展の溝が猛スピードで広がっているインドネシアという国で、子どもたちがどのように暮らしてるのかを知りたい、そしてその支援のお手伝いがしたい。という熱い想いでJ2netにお問合せを下さったゼミナールの皆様。駆け足の一日でしたが、子ども達との交流が、心に残るインドネシアでの思い出となってくれていたら嬉しいです。


インドネシアの子ども達と一緒に人形劇や工作を通して交流しませんか?
J2netのボランティア活動を通して、インドネシアの子ども達の色んな顔や姿が見えてきますよ。

お問合せ:J2net事務局
j2net.id@gmail.com

2020.01.14

<J2net じゃかるた活動報告> 学生さんの受け入れ~その1

 <J2net じゃかるた活動報告>

学生さんの受け入れ~その1

J2netのホームぺージをご覧になってのお問い合わせの中に、日本からインドネシアを訪問したいというものがあります。

ここ数か月、日本から2組の学生さんの訪問を受け入れましたのでご報告します。

まずは、Kartu Jakarta Pintar(KJP) の研究調査に来られた大学ゼミ生3人組。

KJPとは、ジャカルタ自治州で貧困家庭に支給される助成金です。

助成金額はお子さんの年齢によって違いますが、例えば、小学生の子どものいる家庭は毎月25万Rp支給され、制服や靴などを始めとする学用品、私立の学校に通っていれば学費にも充てられます。

ゼミ生の皆さんは教育文化省やKJPを受給している子ども達の通う学校を訪問しに来ました。

J2netとしては、J2netが以前奨学金を支援していたご家庭と、公立学校に通うことができない(政府からの支援から漏れてしまう)子ども達を集めて授業を行っている私塾、ストリートチルドレンの保護施設の訪問アレンジのお手伝いをさせていただきました。

J2netのメンバーも小学校訪問に同行させてもらいましたが、生徒の半数以上がKJPを受給していて、その多さにびっくり!!

J2netより奨学金を以前受けていたご家庭の訪問時には、「KJPのおかげで、子どもたちはみんな学校に通えるようになった」という喜びの声を聞くことが出来ました。

20年前、たくさんの子ども達が物乞いをしている姿をみて、「私たちにも何か出来ることがあるのでは?」とJ2netの活動は始まりましたが、ジャカルタはこの20年で大きく様変わりしています。

今やジャカルタで物乞いをしている子ども達の姿を見かけることは、そう多くありません。

インドネシア中央統計機関の2018年の就学率のデータで小学生は97%という高い数字。
ですが、私たちが活動をしていると、それでも学校に行けていないという子ども達に出会うことがあります。

KJPの実態を調査に来た学生さんからは、このような感想を頂きました。

『たとえ助成金を受けられる環境にあっても、物売りなどでお金を稼げることを知ったら、勉強する必要はない・親の手伝いにもなる、と思い込み、勉強の大切さに気付かず学校に行かなくなるのかもしれません。

特にジャカルタではそういう光景が見られます。

なので、就学率が100%になる、つまり、ストリートチルドレンがゼロになるという事は恐らくないのではないでしょうか?』

インドネシアには、国に認識されていない戸籍謄本を持っていない子ども達もまだいると聞きます。

これは、親が出生届・住民登録が必要と知らないことが理由です。

ですので、数字だけでは見えてこないインドネシアの姿があるのかもしれませんね。

私も学生の皆様に同行させていただき、沢山の学びを得ました。

ありがとうございました。

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

フィード

検索

ページの先頭へ